バガブー バタフライ シート ストローラー 新品未開封 未使用

バガブー バタフライ シート ストローラー 新品未開封 未使用



気になったのは2点。

欠損値の処理はループを使った方がよさそう。たとえば、以下の感じ。なお元noteでは変数名を書き換えてるけど、ここでは面倒なのでしていません。drop B unab foo: _all foreach var of lobal foo{     replace `var' = "" if `var' == ""     replace `var' = "" if `var' == "nc"

はじめにdestringのほうから。destringは複数の変数にも対応できるので、なんども書かなくてもloopが終わった後に一度すればOK。 import excel using f005-01-049.xls, clear cellrange(A9)  * 都道府県名のついた行だけに限定する。 ** 都道府県名がついていたら1のつくフラグ(keep_rows)を作成する。ただこの方法だと北海道と沖縄は、地域別計と都道府県ごとに2掲載されているのでよろしくない。 gen keep_rows = . foreach pref_name in 北海道  青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島  茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川  新潟 富山 石川 福井  山梨 長野  岐阜 静岡 愛知 三重  滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山  鳥取 島根 岡山 広島 山口  徳島 香川 愛媛 高知  福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島  沖縄{     replace keep_rows = 1 if A == "`pref_name'" keep if keep_rows==1 drop keep_rows duplicates drop // 2回出現している北海道と沖縄の重複削除。今回のデータだとOKだけど似たような形式のデータを複数扱うときはミスにつながる可能性が。 * 欠損値の置き換え foreach var in C    D    E    F    G    H    I    J    K{     replace `var' = "" if `var' == ""     replace `var' = "" if `var' == "nc" ** destringは一括で。 destring , replace // destring *, replace でもOK。 br se// リボンから確認しなくてもbrowseでデータを確認できる。 sum

終遠のヴィルシュ 限定版 switch